口臭と虫歯の関係

食後、歯を磨かないままにしていると、口内の細菌が食べカスを栄養にして酸を発生させます。この酸が歯を溶かして虫歯になるのです。そして虫歯の穴には歯垢や食べカスがつまり、歯磨きだけでは取れなくなります。虫歯はイオウのような特有のにおいを発生します。とくに、進行した虫歯や歯肉の炎症が進んだ歯は、かなりきつい口臭を伴うようになってしまいます。口臭予防の第一歩として、虫歯があるのなら早めに受診し治療を受けて治しておきましょう。



その他にも歯にかぶせたものやブリッジが口臭の温床になることも気をつけたいもの。
歯にかぶせたものやブリッジが古くなり、穴が開いたり隙間ができたりすると、食べカスが詰まって虫歯や歯周病を引き起こす原因になることがあります。神経を抜いた歯は痛みを感知しないため、虫歯になっても気づきにくいものです。知らぬ間に詰め物の中で歯が腐食し、歯肉にも炎症がおき歯周病になっていることもあります。
このようなケースではかなりの口臭を伴います。


義歯も日々の手入れを怠るとにおい発生の原因となります。
特にプラスチックなど樹脂製の義歯は、長期間使用すると変形・変色したり、唾液やその他の成分が内部に浸透して異臭が発生したりする場合も。においが気になるときは再製するかセラミック製のものに交換しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。