口臭の多くは口の中に原因が!

お口のにおいの元は歯垢や歯石なんです。
口臭の原因は、やはり口の中にあるのがほとんどです。匂いの元となるのは、歯についた歯垢(プラーク)。歯の表面に付着する白くてやわらかい沈着物を歯垢といいますが、これらは口の中の食べカスをえさにして増殖した細菌の塊なのです。



歯磨きもせず、歯垢を放置しておくと、唾液に含まれるカルシウムを吸着して石灰化します。これが歯石で、約2日間で歯垢は簡単に歯石に変わってしまいます。こうなるとブラッシングをしてもなかなか落ちません。



歯垢や歯石は虫歯・歯周病の原因である上、口臭を発生させます。
どんなに注意深くブラッシングしても年齢とともに歯垢や歯石はつきやすくなります。ときどき歯垢染め出し剤などを使って、歯磨きの不十分なところやブラシの届きにくい部分をチェックしましょう。また歯周病予防のためにも歯科医院で定期的に歯垢や歯石を綺麗に取ってもらいましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。