口臭と虫歯の関係

食後、歯を磨かないままにしていると、口内の細菌が食べカスを栄養にして酸を発生させます。この酸が歯を溶かして虫歯になるのです。そして虫歯の穴には歯垢や食べカスがつまり、歯磨きだけでは取れなくなります。虫歯はイオウのような特有のにおいを発生します。とくに、進行した虫歯や歯肉の炎症が進んだ歯は、かなりきつい口臭を伴うようになってしまいます。口臭予防の第一歩として、虫歯があるのなら早めに受診し治療を受けて治しておきましょう。



その他にも歯にかぶせたものやブリッジが口臭の温床になることも気をつけたいもの。
歯にかぶせたものやブリッジが古くなり、穴が開いたり隙間ができたりすると、食べカスが詰まって虫歯や歯周病を引き起こす原因になることがあります。神経を抜いた歯は痛みを感知しないため、虫歯になっても気づきにくいものです。知らぬ間に詰め物の中で歯が腐食し、歯肉にも炎症がおき歯周病になっていることもあります。
このようなケースではかなりの口臭を伴います。


義歯も日々の手入れを怠るとにおい発生の原因となります。
特にプラスチックなど樹脂製の義歯は、長期間使用すると変形・変色したり、唾液やその他の成分が内部に浸透して異臭が発生したりする場合も。においが気になるときは再製するかセラミック製のものに交換しましょう。

体内環境を整えて免疫を高める

本来口の中は唾液の殺菌力によって雑菌の増殖が抑えられ、口臭が起こらないような仕組みになっています。唾液中のリゾチームという酵素が、細菌の細胞壁を溶かして破壊してくれるのです。生き残った雑菌についても、唾液と一緒に飲み込まれほとんどが胃酸によって死滅します。


逆に唾液の分泌が低下すると、口の中の自浄作用が弱まって雑菌が増え口臭の発生に結びついてしまいます。



朝起きたばかりのときは、誰でも口がにおうもの。これは寝ている間に唾液の分泌量が減って殺菌力が低下し、口の中の雑菌が増えるためです。その他口やのどの渇きを感じたとき、空腹時、ストレスがかかって緊張したときなどにも唾液の分泌量が減るので、口臭が発生しやすい環境になります。


また、食生活の乱れは特に口臭をひどくします。
朝食を抜くことが多かったり、規則正しい食事ができなかったりすると、唾液の分泌が促進されず、口中の雑菌はなかなか減りません。


口臭を防ぐポイントは体内環境を弱アルカリ性に保つこと。
変色が多く、バランスの悪い食生活を送っていたり、アルコールやタバコの摂取量が多いと、口臭や体臭にまで大きく作用します。口内や体内が酸性に近づくと口臭どころかさまざまな内臓疾患の原因にもなります。口臭の強弱は健康のバロメーターなのです。
タグ:リゾチーム
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。